トップページ |  ログイン画面へ
 
大口会員向け会員登録
Save Your Time 本とデジタルのいいとこどり
トップページ きる くわえる おせる
会社の仕組 個人スキル
  • 自社で出来ることが「力」です。
    企業の発展と個人の成長を目的としたサイトです。

  • 経営者のための必須情報
    必ずできる、わかりやすいガイド
    自社用にカスタマイズも可能

  • すぐに使える、個人向けコンテンツ
    そのまま使える豊富なテンプレート
    わかり易い目次と使える検索機能


 会員の方はログインをお願いします。

初めての方へ
15 応答しなくなったプログラムの強制終了

15 応答しなくなったプログラムの強制終了

レベル:10 入門  ページ数:1
ID:G6win10windo-20benri--15-wi10000

配送料無料

応答しなくなったプログラムを強制終了する方法

会員の方はログインをお願いします。
ログイン画面へ

当サイトは、有料会員制です。
会員登録画面へ

このコンテンツは、個人スキル会員向けのコンテンツです。

フルページのコンテンツを見たり、ダウンロードするには、会員になることが必要です。

G6 Windows - 10 Windowsの操作 - 20 知っておきたい機能
10 入門

15 応答しなくなったプログラムの強制終了


応答しなくなったプログラムを強制終了する方法
PCを使っていて、プログラムが応答しなくなってしまい、キーボードやマウスの操作を受け付けない状況になることがあります。
しばらく待っていても、応答しない場合には、プログラムを強制終了します。

【1.応答しなくなったプログラムを強制終了する方法】

応答しなくなったプログラムの終了には、2つの方法があります。

例として、「Excel」が応答しなくなった例で説明します。


(1)応答しなくなったプログラムを閉じる

応答しなくなっているプログラムの右上の、「×(閉じる)」を何回かクリックして、閉じることができるか、試します。

この方法で、閉じることができない場合は、次の方法で、プログラムを強制終了します。


(2)応答しなくなったプログラムを強制終了する

「タスクバーのアイコンの無いところ」を右クリックして、「タスクマネージャー」をクリックして、タスクマネージャーを起動します。

実行中のプログラムの一覧が表示されるので、その中から、応答しなくなっているプログラムを選択して、タスクの終了(強制終了)します。

応答しなくなっているプログラムの、「Microsoft Excel (32ビット)」をクリックして選択してから、「タスクの終了」をクリックして、強制終了します。


Excelを再起動して、再び応答なしにならないか、確認してください。
頻繁に、応答なしになってしまう場合には、Windowsを再起動します。
Windowsの再起動によって、改善する場合があります。

フルページのコンテンツを見たり、ダウンロードするには、会員になることが必要です。

このコンテンツは 2019/4/24 に登録されました。

一番上に戻る


選択して下さい:

ダウンロード



 | トップページ |