トップページ |  ログイン画面へ
 
大口会員向け会員登録
Save Your Time 本とデジタルのいいとこどり
トップページ きる くわえる おせる
会社の仕組 個人スキル
  • 自社で出来ることが「力」です。
    企業の発展と個人の成長を目的としたサイトです。

  • 経営者のための必須情報
    必ずできる、わかりやすいガイド
    自社用にカスタマイズも可能

  • すぐに使える、個人向けコンテンツ
    そのまま使える豊富なテンプレート
    わかり易い目次と使える検索機能


 会員の方はログインをお願いします。

初めての方へ
15 わからない用語の意味を調べる

15 わからない用語の意味を調べる

レベル:10 入門  ページ数:1
ID:D4sea50searc-15busin--15-wi10000

配送料無料

わからない用語の意味を調べる方法

会員の方はログインをお願いします。
ログイン画面へ

当サイトは、有料会員制です。
会員登録画面へ

このコンテンツは、個人スキル会員向けのコンテンツです。

フルページのコンテンツを見たり、ダウンロードするには、会員になることが必要です。

D4 ブラウザーの活用と検索術 - 50 インターネット検索術 - 15 ビジネスに役立つ検索術
10 入門

15 わからない用語の意味を調べる


わからない用語の意味を調べる方法
わからない用語の意味や定義を調べたいときに、適当なページにたどり着けないことがあります。
用語の意味や定義のページを簡単に検索するコツがあります。
特に、Googleの検索サイトを使っている場合には、検索結果の画面だけで確認できます。

【1.わからない用語の意味を調べる方法】

(1)「とは」をつけて検索

意味を知りたい用語に「とは」をつけて入力します。
このとき、空白ははさまずに、続けて入力します。
例として、「電子署名」の意味を調べてみます。

「電子署名とは」を入力して、検索します。

(2)検索結果の見かた

入力した検索キーワードで、検索した結果が表示されます。
左上の部分には、「広告」が表示されますが、その右に、「用語の意味や定義が表示」されます。
広告の下の部分には、「通常検索の結果」が表示されます。

以上のように、意味を知りたい用語に、「とは」をつけて検索するだけで、自動的に、用語の意味や定義が引用され、検索結果の右側に表示されるので、検索結果の画面だけで意味を知ることができます。
検索テクニックの一つで、「とは検索」と呼ばれることもあります。


また、Googleを使用していなくても、用語の解説をしているサイトの多くで、「~とは」という書き出しの表現が用いられているため、簡単に目的のページにたどり着くことができます。

フルページのコンテンツを見たり、ダウンロードするには、会員になることが必要です。

このコンテンツは 2019/4/5 に登録されました。

一番上に戻る


選択して下さい:

ダウンロード



 | トップページ |