トップページ |  ログイン画面へ
 
大口会員向け会員登録
Save Your Time 本とデジタルのいいとこどり
トップページ きる くわえる おせる
会社の仕組 個人スキル
  • 自社で出来ることが「力」です。
    企業の発展と個人の成長を目的としたサイトです。

  • 経営者のための必須情報
    必ずできる、わかりやすいガイド
    自社用にカスタマイズも可能

  • すぐに使える、個人向けコンテンツ
    そのまま使える豊富なテンプレート
    わかり易い目次と使える検索機能


 会員の方はログインをお願いします。

初めての方へ
30 AND検索とOR検索の使い分け

30 AND検索とOR検索の使い分け

レベル:10 入門  ページ数:2
ID:D4sea50searc-10keywo--30-wi10000

配送料無料

AND検索とOR検索をうまく使い分けて効率よく情報収集

会員の方はログインをお願いします。
ログイン画面へ

当サイトは、有料会員制です。
会員登録画面へ

このコンテンツは、個人スキル会員向けのコンテンツです。

フルページのコンテンツを見たり、ダウンロードするには、会員になることが必要です。

D4 ブラウザーの活用と検索術 - 50 インターネット検索術 - 10 キーワード検索の基本
10 入門

30 AND検索とOR検索の使い分け


AND検索とOR検索をうまく使い分けて効率よく情報収集
複数の検索キーワードを組み合わせた場合、通常は、すべての検索キーワードを含むページが検索されます。これをAND検索と呼びます。
いずれかの検索キーワードを含む検索のことは、OR検索と呼び、広くたくさんの情報を収集したい場合などに有効です。

【1.AND検索とOR検索の使い分け方】

(1)AND検索で情報を絞り込む

複数のキーワードを組み合わせることで、自動的にAND検索によって情報が絞り込まれます。

例として、「駐車場 安い 秋葉原駅」を入力して検索します。

「駐車場」「安い」「秋葉原駅」の3つのキーワードすべてを含んだ検索結果が表示されます。

(2)OR検索で広く情報を集める

検索キーワードと検索キーワードを「OR」で挟むことで、OR検索が指定できます。
先の例に、「秋葉原駅」だけでなく、「神田駅」も含んだ安い駐車場を検索します。

入力済みのキーワードの後ろに、「 OR 神田駅」を追加入力して検索します。

検索結果に、「神田駅」の情報が追加されました。

フルページのコンテンツを見たり、ダウンロードするには、会員になることが必要です。

このコンテンツは 2019/4/4 に登録されました。

一番上に戻る


選択して下さい:

ダウンロード



 | トップページ |