トップページ |  ログイン画面へ
 
大口会員向け会員登録
Save Your Time 本とデジタルのいいとこどり
トップページ きる くわえる おせる
会社の仕組 個人スキル
  • 自社で出来ることが「力」です。
    企業の発展と個人の成長を目的としたサイトです。

  • 経営者のための必須情報
    必ずできる、わかりやすいガイド
    自社用にカスタマイズも可能

  • すぐに使える、個人向けコンテンツ
    そのまま使える豊富なテンプレート
    わかり易い目次と使える検索機能


 会員の方はログインをお願いします。

初めての方へ
10 メールを複数の宛先に送信したい

10 メールを複数の宛先に送信したい

レベル:10 入門  ページ数:2
ID:J7out09trobl-20kihon--10-ou36000

配送料無料

同じ内容のメールを複数の相手に一斉に送信する

会員の方はログインをお願いします。
ログイン画面へ

当サイトは、有料会員制です。
会員登録画面へ

このコンテンツは、個人スキル会員向けのコンテンツです。

フルページのコンテンツを見たり、ダウンロードするには、会員になることが必要です。

J7 Outlook - 09 Outlookの「困った!」対応 - 20 基本操作で困った
10 入門

10 メールを複数の宛先に送信したい


同じ内容のメールを複数の相手に一斉に送信する
同じ内容のメールを複数の相手に一斉に送信することができます。
複数の相手に一斉に送信するには、3つの方法があって、それぞれの意味が異なります。状況に合わせて、使い分けます。

【1.同報メールを送信する】

宛先に、複数のメールアドレスを入力して送信する方法で、同報メールとも呼ばれます。
宛先は、メールのメインの送り先を意味するため、「このメールは、あなたに送ってますよ」ということをアピールしたい場合に使います。
メールを送った相手に、なんらかの対応を求める場合にも、宛先を使います。

まず、「一人目のメールアドレス」を入力します。

次に、「;(セミコロン)」を入力してから、「二人目のメールアドレス」を入力します。

以前にメールを送ったことがあるメールアドレスの場合は、自動的に「;(セミコロン)」が入力されるので、続けて、二人目のメールアドレスを入力します。

フルページのコンテンツを見たり、ダウンロードするには、会員になることが必要です。

このコンテンツは 2020/7/16 に登録されました。

一番上に戻る


選択して下さい:

ダウンロード



 | トップページ |