トップページ |  ログイン画面へ
 
大口会員向け会員登録
Save Your Time 本とデジタルのいいとこどり
トップページ きる くわえる おせる
会社の仕組 個人スキル
  • 自社で出来ることが「力」です。
    企業の発展と個人の成長を目的としたサイトです。

  • 経営者のための必須情報
    必ずできる、わかりやすいガイド
    自社用にカスタマイズも可能

  • すぐに使える、個人向けコンテンツ
    そのまま使える豊富なテンプレート
    わかり易い目次と使える検索機能


 会員の方はログインをお願いします。

初めての方へ
97 Microsoftをかたる不審メールに注意!

97 Microsoftをかたる不審メールに注意!

レベル:10 入門  ページ数:1
ID:B2new10secur-942019---97-----000

配送料無料

Microsoftからのメールと見せかけて、クレジットカード情報などを入力させようとしてきます

このコンテンツは、無料のコンテンツです。ダウンロードファイルはございません。

B2 重大ニュース履歴 - 10 セキュリティ - 94 2019年の履歴
10 入門

97 Microsoftをかたる不審メールに注意!


Microsoftからのメールと見せかけて、クレジットカード情報などを入力させようとしてきます
Microsoftをかたる不審メールが、大量に送信されています。
Microsoftからの本物と見分けられないほどの、巧妙な偽メールなので、注意が必要です。
偽メールの本文にある、URLやボタンをクリックすると、フィッシングサイトに誘導されて、アカウントの情報やクレジットカードなどの個人情報を盗まれる恐れがあります。
このようなメールを受信した場合、開かずに、そのまま削除してください。

【1.Microsoftからの偽メールの件名】

Microsoftからの偽メールの件名には、以下のような複数のパターンがあります。


「Microsoftアカウントの不審なサインイン」
「Officeのプロダクトキーが不正にコピーされている恐れがあります」
「マイクロソフトのプロダクトキーが何者かにコピーされています」
「警告!!ご利用のマイクロソフトのプロダクトキーが不正コピーされています」


【2.本文の一例】

あくまで一例ですが、偽メールの本文は、以下のような内容になっていて、不安を煽り、「今すぐ検証」などのボタンや、URLをクリックさせて、個人情報を入力させるための、フィッシングサイトに誘導するような内容になっています。

【3.偽メールの対処法】

少し前までの偽メールは、不自然な日本語が使われていたりして、すぐに、気づくことができましたが、最近の偽メールは、Microsoftからの本物のメールと見分けられないほどに、巧妙になっています。
偽メールにひっかからないため、以下のような点に注意してください。


・メールの本文にある、ボタンやURLはクリックしない。
・アカウントを確認する場合には、ブラウザーを起動して、公式ホームページからログインする。
・気になるメールを受信したときには、メールの件名「Microsoftアカウントの不審なサインイン」などをキーワードにして、関連する情報がないか、検索して調べてみる。
・もし、フィッシングサイトで、パスワードなどを入力してしまった場合には、すぐに変更する。

このコンテンツは 2019/12/20 に登録されました。

一番上に戻る


選択して下さい:

ダウンロード



 | トップページ |