トップページ |  ログイン画面へ
 
大口会員向け会員登録
Save Your Time 本とデジタルのいいとこどり
トップページ きる くわえる おせる
会社の仕組 個人スキル
  • 自社で出来ることが「力」です。
    企業の発展と個人の成長を目的としたサイトです。

  • 経営者のための必須情報
    必ずできる、わかりやすいガイド
    自社用にカスタマイズも可能

  • すぐに使える、個人向けコンテンツ
    そのまま使える豊富なテンプレート
    わかり易い目次と使える検索機能


 会員の方はログインをお願いします。

初めての方へ
98 偽のシステム警告に注意!

98 偽のシステム警告に注意!

レベル:10 入門  ページ数:2
ID:B2new10secur-942019---98-----000

配送料無料

Webページを見ていただけで、突然表示される偽のシステム警告の対処法

このコンテンツは、無料のコンテンツです。ダウンロードファイルはございません。

B2 重大ニュース履歴 - 10 セキュリティ - 94 2019年の履歴
10 入門

98 偽のシステム警告に注意!


Webページを見ていただけで、突然表示される偽のシステム警告の対処法
MicrosoftのポータルサイトのMSNなどのWebページを見ていたら、突然「システム警告」といったタイトルの画面が表示されて、驚かされることがあります。
表示された画面には、Windowsのセキュリティに問題があるような内容になっていますが、不要なプログラムなどをインストールさせるためや、不要なサポート契約をさせるための、偽の警告画面です。
このような偽の警告画面が表示されたときの対処方法を説明します。

【1.偽の警告画面が表示されたときの対処法】

(1)偽の警告画面にあるボタンは絶対にクリックしない

特に怪しいサイトではなく、MicrosoftのポータルサイトのMSNなどのWebページを見ているときに、下の図のような、画面が急に開くことがあります。同時に警告音が鳴るものもあります。
これは、偽の警告画面ですので、画面にある「更新」ボタンや、「×(閉じる)」ボタンは、絶対にクリックしないでください。

(2)ブラウザーを強制終了する

偽の警告画面が開いてしまった場合に、ブラウザーの操作ができなくなっている場合がありますので、ブラウザーを強制終了する手順を説明します。

<1>タスクマネージャーを起動

「Ctrl」キーと「Shift」キーを押しながら、「Esc」キーを押して、タスクマネージャーを起動します。

<2>ブラウザーを強制終了

タスクマネージャーが起動したら、ブラウザーを選択して、強制終了します。
画面では、「Microsoft Edge」を例に説明していますが、お使いのブラウザーによって、「Google Chrome」や「Internet Explorer」を選択してください。
タスクマネージャーの画面には、簡易表示と詳細とがあります。

1〕タスクマネージャーが簡易表示の場合

「ブラウザー」をクリックして選択して、「タスクの終了」をクリックして強制終了します。

2〕タスクマネージャーが詳細の場合

「ブラウザー」をクリックして選択して、「タスクの終了」をクリックして強制終了します。

ブラウザーを強制終了して閉じれば、対処完了です。
強制終了することで、ウィルスに感染することはありませんが、再度、Webページを見ていたときに、同じような偽の警告画面が表示されることはありますので、同じ手順で強制終了してください。

このコンテンツは 2019/12/13 に登録されました。

一番上に戻る


選択して下さい:

ダウンロード



 | トップページ |